お悩みの方、必見です !!

歯科矯正治療の対象について

成長期に気を付けること

7歳で注意する問題点

       次のような症状や口の閉じづらさがありますか?

7歳
7歳

 

前歯の反対咬合、

奥歯の反対咬合、

でこぼこ、

 

上下の隙間(癖によるもの

が多い)、出っ歯、

違う場所に出てくる歯、

 

全くの反対咬合、すきっ歯、

指しゃぶりなどの癖;

 

以上の悪いかみ合せは、

早くみつけて、歯科矯正医に

きちんと診てもらうといいでしょう。

米国歯科矯正医協会(AAO)では7歳までの歯並びチェックを勧めています

 その理由は:

 

6歳臼歯が生えてくると、前後左右の

かみ合わせや顎のずれが分かります 

 

・前歯が生えだすと凸凹や癖・噛みこみ・

 上下の隙間・顎の不調和に気がつきます

 

・タイミングが良いと

治療上とても有利になる人もいます

 

また、親御さんがすぐに安心することもあります

 

 AAOは、7歳での広範囲治療ではなく、上図のような問題点の進行を抑制する治療を薦めます。

  どのような治療をするかは、親御さんやいつもの歯医者さん、歯科矯正医が協力して決めます。

すっきり歯並び

 

笑顔のあなた

 

心晴れやか

 

 

深呼吸

大人の方の歯科矯正

米国歯科矯正医協会(AAO)では成人に対して、普段の歯科予防と一緒に適切な治療を勧めています

 

成人の歯科矯正治療が大切な理由:

・歯周病の予防や改善を促す

・歯の周りの骨の喪失を防いだり、軽減したりする

・足りない歯の修復時、可能性を広げる

・笑顔や表情がよくなる

・歯の機能が高まる

・自信や自尊心を高める

・口の健康を増進する

成人で注意する問題点

               あなたはどれを克服したいですか?

成人
成人

 

でこぼこ、すきっ歯、

前歯の反対咬合、

 

歯の磨り減り/歯軋り、歯周病、

埋伏した/倒れた/足りない歯、

 

出歯、上下の隙間、咬込過ぎ、

 

 下あごの後退、開大、前方位;

 

 

以上のような かみ合せは、歯科矯正治療で改善し得るものです。

最終的な治療は、かかりつけの歯科医や歯科矯正医、さらに必要な時は他の専門家に相談して決めてください。